ホーム>一般の診療

一般の診療

一般の診療

クリニックの診療方針

横浜駅きた西口から徒歩3分の位置にあり、電車でもお気軽にご来院いただけます。
当院の患者様の特徴は、仕事が忙しすぎたり、人間関係に悩まされたりして、気分障害(うつ病)となってご来院いただくケースが非常に多いです。働いている方の気分障害(うつ病)のメンタルヘルスだけでなく、若者の思春期特有の悩みや、結婚、出産したばかりの女性の夫婦関係・育児の悩み、更年期障害に悩む女性の家庭の悩みも聴いています。さらに、人に対して緊張し、その緊張を気づかれるのが恥ずかしい、といった社会不安障害SADの方も診ています。あがり症・社会不安障害・対人恐怖の方のお役に立ちたいと思っています。気後れせずご連絡ください。

うつ病の治療は、休養と薬物療法が主なものと言われています。
ですが、来院された方がどんなうつ病であるか診断をすることが難しいと思います。診断によって、治療方針も変わっていく訳ですから、初診を大切にし、診察の際に時間を掛けて問診しています。
その上で、うつ病と診断した時は、環境調整がよいのか、あるいは薬物療法を試してみるのか、場合によっては薬に頼らず臨床心理士によるカウンセリング(支持的療法・分析的療法・認知行動療法)が良いと考えています。

ねぎしクリニックは心療内科・精神科のメンタルクリニックです。
院長は街の開業医、心療内科・精神科の臨床医として、まじめに努力する所存ですので、よろしくお願いいたします。主な診療は、精神疾患(病気)を見ることですが、特に、対人緊張の強い方や、人間関係やコミュニケーションに行き詰まり、日常正活に支障をきたしている方のお役に立ちたいと思っています。